イラスト初心者がまず買うべきオススメ本5選

イラスト初心者がまず買うべきオススメ本5選

イラストが上達した様子

 

イラスト
初心者さん

イラストの本が多すぎて何を買えばいいかわからない・・・

初心者が独学するのにお勧めの本が知りたい!!

そんなイラスト初心者の方に、私がたくさん買った本の中から

やいしま

初心者でもとっつきやすい!

まず最初に買うならこれ!

と思った本を超厳選してご紹介します!

イラスト本ジプシーで回り道しまくった私でも、上の画像くらいの上達はできました。

最初から良い本でコツコツ練習していけば、私なんかよりもっと上手になれるはず!!

イラスト練習本は『イラスト解体新書』がオススメ

イラスト解体新書の書影写真
イラスト解体新書
ダテナオト (著)、 弐藤 潔 (著)
おすすめポイント

  • 顔、身体の描き方から服のシワの描き方まで一通り網羅
  • 初心者の練習への取り組み方、心構えが述べられている
  • 講師経験を活かし、初心者が間違えて描きやすい所を解説してくれている

顔から服まで一通り網羅されており、体系的にキャラ絵の描き方を学ぶことが出来ます。

あと何より推したいのが絵の練習方法や絵を描いていくに当たっての心構えが述べられている部分で、絵の描き始めに読みたかったなぁと思える、初心者必読の内容です。

人体の筋骨格は『スカルプターのための美術解剖学』

スカルプターのための美術解剖学の書影写真
スカルプターのための美術解剖学
アルディス・ザリンス(著)、サンディス・コンドラッツ(著)
おすすめポイント

  • 写真、イラスト、CGが駆使されており、美しく見やすい
  • 筋骨格について重要なことが完結にまとめられている
  • 創作する中で疑問を持つであろう人体の複雑な箇所が解説されている

人の絵を描くためには、筋骨格の知識が欠かせません。

本書では、写真・イラスト・CGがふんだんに使われていて、とても見やすいわかりやすい。

私はこの本を買ったのがかなり遅かったので、初期から持っていたらもっと人体についての理解が進んでいたのではないかと後悔しました。

本当におすすめ。おすすめ過ぎて別記事にしているので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事

イラスト本を 買いたい人 イラストを描きたいけど、身体がどうなってるかわからない・・・ 筋肉や骨格について効率的に勉強したいなぁ そんな初心者さんにお勧めなのが本書『スカルプターのための美術解剖学』です![…]

パースを学ぶなら『風景デッサンの基本』

風景デッサンの基本の製品写真
風景デッサンの基本
湯浅誠(著)
おすすめポイント

  • パースについて、初心者にもわかりやすく解説されている
  • 基礎から実践まで効率的に学べる
  • ユアッサーの法則はすごいぞ!!!!

パースについて、アイレベルなどの基本用語や一点透視、二点透視、三点透視の定義などかなり基本的なことから説明されています。

また、本書の中で紹介されている『ユアッサーの法則(一点透視から二点・三点透視が描ける法則)』の応用の範囲は広く、著者である湯浅先生のTwitterでは図解や動画でその応用方法についても述べられています。

パースを学ぶ最初の一冊に最適です!

関連記事

イラスト上達本「風景デッサンの基本」でパースをマスター【おすすめ】 Name 人物だけでなく、風景や背景も描けるようになりたい! パースについて勉強してみたいけど難しそう… こう思っている人、多いのでは?[…]

服が描けないなら『人を描くのって楽しいね!衣服編』

人を描くのって楽しいね!衣服編の書影写真
人を描くのって楽しいね!衣服編
中村成一(著)
おすすめポイント

  • 服のシワの描き方が、シンプルかつわかりやすい例えで説明されている
  • 描き方が順を追って解説されており、手を動かしながら効率的に学べる
  • 衣服編、とあるが人物の描き方(難しい首や肩周りなど)についても書かれている

超有名サイト『人を描くって楽しいね』の衣服に特化した本です。

この本ではわかりやすく思い出しやすい例えが提示され、シワをシンプルなパターンで捉えられるよう工夫されています。

また順を追って描き方が解説されており、いっしょに練習しながら読み進めることが出来ます。

さらに、衣服編と題されてはいますが、線を引く練習から始まり人体の描き方にも一通り触れられており、初心者にとても優しい。

関連記事

みなさん、服を描くの好きですか? 私は嫌いです。 だってマジでシワどこに入れたらいいのかわかんないし・・・ 何も見ずに適当に服を描くと、この位のヤバさ・・・(だから私は水着絵が多い) だけどいつまでも水着ばかり描く訳にはいかない[…]

まだ購入はしていないのですが、ダテナオト先生の本も気になる・・・

ポーズ集は一冊あって損なし『新ポーズカタログ』

新ポーズカタログ(1)女性の基本ポーズ編の書影写真
新ポーズカタログ(1)女性の基本ポーズ編
マール社編集部(編)
おすすめポイント

  • 基本的なポーズを様々な角度から見ることができる
  • ヌードなので、身体の形がよくわかる

私はまず基本的なポーズをしたときの身体を練習したかったので、アニメ私塾の先生が勧めていたポーズカタログの旧型を使っています。

男性を描きたい方はポーズカタログの男性編もありますよ!

新ポーズカタログ(2)男性の基本ポーズ編の書影写真
新ポーズカタログ(2)男性の基本ポーズ編
マール社編集部(編)

カップルイラストを描きたい方には、2人ポーズ編なんてのもあります。

新ポーズカタログ(3)二人のポーズ編の書影写真
新ポーズカタログ(3)二人のポーズ編
マール社編集部(編)

他にも、アクションポーズ集とかキスシーンポーズ集とか本当に色々あるので、練習したい内容や描きたい絵に合わせて探してみてください。


以上、独断と偏見でイラスト独学初心者が買うべき本をご紹介いたしました。

私は本にかなりお金をつぎ込んでしまったので・・・

皆さんはぜひ最初から良い本を買って効率的に上手くなっちゃって下さい!

最新情報をチェックしよう!