【フィリピン駐在】日本から持って来るべき物20選(2019年)

【フィリピン駐在】日本から持って来るべき物20選(2019年)

フィリピン赴任、駐在、留学が決まったけど、日本から何をもっていけばいい・・・?

準備に追われる中で、気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、

やいしま

フィリピンに持ってきてよかった!!

最初から持っていけばよかった!!

と思うものを、現在フィリピンで生活している私の独断と偏見でピックアップします。

電化製品

【フィリピン駐在】日本から持って来るべき物20選(電化製品)

炊飯器

日本人ですもの。異国の地で美味しいご飯が食べられるとホッとします。

フィリピンでも炊飯器は売ってますが、なんか昭和って感じのものも普通に並んでおり・・・

美味しいご飯が炊けるのかどうか謎なので、絶対!持ってきましょう。

変圧器

日本は電圧が100ボルト、周波数は50ヘルツ(東日本)・60ヘルツ(西日本)です。

一方フィリピンの電圧は220ボルト、周波数は60ヘルツです。

そのため日本の電化製品をフィリピンで使う場合、変圧器を使用しないと壊れてしまいます。

炊飯器とか使うなら1500Wは欲しいところ。

値段はピンキリですが、信頼できるものを買うなら2万円から3万円台です。

こちらは2.5万円~(2019年10月現在amazonのが安い)

日章工業 変圧器
SPシリーズ SP-1500

こちらがうちで使ってるやつ。2万円くらいで安め。問題なく使えてます。

カシムラ海外国内用大型変圧器
220-240V/1500VA NTI-20

SIMフリースマホ

日本ではあまり普及していないSIMフリースマホ。

フィリピンではそこらじゅうでSIMカードを売っています。

もし今お使いのスマホが古いのであれば、SIMフリーのものに変えてしまうのがお勧めです。

私もフィリピン行きを機に買い換えました。

モバイルバッテリー

異国の地ではスマートフォンが生命線です。

またフィリピンでは、スーパーや病院などでかなり待たされることが多いです。

暇つぶしにスマホを弄っていたらいつの間にか電池が・・・

とならないように、バッテリーの携帯は必須です。

パソコン

現地のOSは英語表記なので、英語が苦手な方は日本の使い慣れたものをもって行きましょう。

タブレット端末

タブレットに関しては電子書籍が読みやすいという点で一押しです。

今のタブレット端末安くてびっくりしちゃうね・・・

Fire HD 8 タブレット
8,980円(16GB)、10,980円(32GB)

キンドル

海外に日本の書籍を持ってくるのは大変です。

電子書籍であれば読みたくなったタイミングで本が読めるので、大変重宝しています。

Kindle Paperwhite
Amazon
タブレット端末があると見やすいけど、Kindleはパソコンやスマホでも使えますよ。お試しあれ。
Kindleアプリ
DL無料。PC(Win/Mac)、Android対応

ホームベーカリー

パン、圧倒的に日本のものが美味しいです・・・

パンが好きな方はこちらで買うより作った方が満足できると思います。

ドルツ

これはかなり個人的な理由。

私はドルツを愛用しているんですが、フィリピンでは売っていません!!!

どうやら電動歯ブラシはoralBがシェアを独占している様子。

壊れた時とても困ったので、使われている方は予備を買って行って下さい。

電気シェーバー

ドルツと同様の理由です。

衛生機器は使い慣れたものを、予備や替え刃など含めて持って行きましょう。

生活用品

【フィリピン駐在】日本から持って来るべき物20選(生活用品)

洗濯物干しスタンド

フィリピン赴任で住むことになるであろう高層マンション(コンドミディアム)。

ベランダがないところが多いです。

また、仮にベランダがあったとしても、都市部は特に空気が汚いので、乾燥機を使うか部屋干しするかになると思います。

フィリピンは電気代が高く、節約したい方は物干しスタンドは必須です。

引き出しつき収納ケース

フィリピンのコンドミディアムには、引き出しのある棚が殆どありません。

持ち出す服に合う大きさのものを購入しておくことをお勧めします。

スリッパ

フィリピンのコンドミディアムは土足生活を想定した造りになっています。

なので床がタイルや石造りでめちゃくちゃ固い!!

裸足では過ごせません。

初日から足を痛めないように準備しておいて下さい。

保冷剤・保冷バッグ

買い物は車で数ヶ所をハシゴすることになります。

ただでさえフィリピンは暑い国なので、食材が痛まないよう持って行きましょう。

エコバッグ

こちらのスーパーでは、紙袋(取っ手などはない)を使うことが殆どです。

日本のようにビニール袋は基本的にもらえません。

紙袋を抱えて歩くのは地味に大変なので、エコバッグを常備しましょう。

薄手の長袖シャツ・カーディガン

一年中暑い国なのにどうして?と思われるかもしれませんが・・・

暑い国ゆえオフィスや商業施設、飲食店では冷房がガンガンに効いています。

食事に出てクーラー直撃の席へ案内されたが最後、寒さで食事どころではなくなります。

外出時は長袖の上着を持ち歩くことをお勧めします。

洗濯用ハイター

洗濯用洗剤と柔軟剤は日本でおなじみの物(アリエール、ダウニー)がどこでも売っています。

ハイターは日本食材・用品店にしかないです。品切れのことも多々・・・

洗濯は部屋干しになる可能性が高いですし、必要になると思います。

キッチン用品

【フィリピン駐在】日本から持って来るべき物20選(キッチン用品)

ラップ!!ラップ!!ラップ!!

大事なことなので3回言いました。

こちらにはサランラップ・クレラップクオリティの物はありません!!!

全然くっつかないし全然切れないし使いにくい・・・

もちろん日本食材店などで買えますが高いです。

引越しダンボールに空きがあれば突っ込めるだけ突っ込みましょう。

キッチン用アルコールスプレー

こちらではあまり見かけません。

もし普段から使っているのなら、持って行きましょう。

IH用鍋・フライパン

赴任者向けコンドでは電気コンロが大半だと思います。

うっかりガス専用のフライパンや鍋を持っていくと料理が出来ません。

その他

大体網羅できていると思います。

あとは基本的に日本製の日用品・調味料・食品は高いので、できるだけ持ち出しておくことをお勧めします。

見落としもあるかもしれないので、何か思いついたら順次追加していきますね。

ぜひ参考にして下さい。

やいしま
準備をしっかり整えて、快適なフィリピン生活を!!
最新情報をチェックしよう!